ずっと幸せな2人でいようね

内緒の恋をしています。
彼とずっと一緒にいられるように、自分磨きと気持ちの整理をしたくて…。
大切な日々を綴っていきたいと思います。

青い空の日(*´∇`*)

今日はと〜ってもお天気が良かった〜


待ち合わせ場所の

ちょっとだけ寂れた

ショッピングモールの屋上駐車場からは

すごくキレイな山並みが見えて

山頂の方はもう白くなってる

初雪のニュース…いつだったんだろ

青い空

眩しい陽射し

あったかいを通り越して車の中は暑いぐらい


shunさんは

ごめん、

待ち合わせの時間より30分ほど遅れるよ、と

メールをくれた


もしかして、来れないとか…ないよね…

早く着き過ぎていた私は

のどかな街並みと山並みを見ながら

ぼーっとしてた


ちょっと涙でるし

何から話そう

shunさんは何て答えるんだろ

そんなこと思ってたら

ちょうど30分遅れで

車が見えた


…あ…いつもの顔(*´-`)いつものにっこり(*´-`)

こっち見てる(*´-`)いつもとおんなじだ(*´-`)

shunさんのいつもとおんなじ顔をみたら

なんか大丈夫だ…って思えてきた


shunさんの車の後部座席に遠慮がちに座る


助手席は…もしものときを考えてダメだって

いつものルール


1時間ちょっとの時間

一緒にいられる



運転席のshunさんが手を差し出してくれて

私は両手でその手をぎゅっとつかんだ

……

何から話すんだっけ…練習したのに…

……


shunさんから話してくれた

私が話しやすいように話しを振ってくれた


泣かずに話せた

順番はめちゃくちゃで

話しがあちこちとんで

自分でも何言ってるんだか…

なときもあったけど


ずーっと変な姿勢のまま

運転席から後ろの私に手を握られたまま

いっぱい聞いてもらった


私の聞いたことにも

ちゃんと答えてくれて


わかったことは

shunさんは一ミリも揺らいでない

最初に私に言ってくれた

その言葉のまんま

その気持ちのまんま

ってこと


家のことはちゃんとやってるから

奥さんへの罪悪感はないことはないけれど

自分の中で納得してやってる

私の心配することは何にもないって


いとも簡単に言う


周りの人を傷付けないように

バレないように

細心の注意を払ってって

最初に話してたでしょう


そうだけど…


大好きだから大丈夫、お互いを想い合う気持ちがあれば大丈夫、ずっと変わってないよ


そうだけど…


chiikoのは、あれでしょう

考えすぎなメールも氷山の一角で

その下にもっとでっかいのが

溜まってるんだよね


……その通りです…


何でも言ってみたらいいよ

僕にも出来ることと出来ないことあるし

それはそのときに伝えるから


…はい…


何の迷いもなくて

変に飾ることもなくて

いつもの余裕たっぷりで

私のこと何でもわかってるようなその感じが


もう大好きで…

もう手だけじゃ足りなくなっちゃって

座席を倒してくれたshunさんに

抱きついてしまった


そのあとは

昼下がりの駐車場で

節度を守って?

いっぱいぎゅっ〜っとしてもらい

お腹も空いたし

喉もカラカラ

2人とも唇が乾いて

でもいっぱいいっぱいキスをして

shunさんの味は とっても甘くて

shunさんのドキドキの音がいっぱい聞こえて


私は今日のデートが

今までで一番

嬉しくて楽しくて幸せな気持ちになったって

伝えた


大好きも

伝えた


ありがとうも

伝えた


全部倍返しみたいに返してもらった





まだまだ始まったばかりの私達


不器用とど根性だけな私は


きっとまたひっくりかえる…


そんなときは


またshunさんに聞いてもらおう


今日の気持ち忘れないように


頑張れ、私


帰り道の空はもっともっと青くて


お部屋デートよりも


車デートが嬉しいかも…


とか思ってしまったヽ(*´∀`)